So-net無料ブログ作成

物知り林先生が驚く知識 れいとぜろの違い


れいとぜろの違い。
みなさまはご存知でしょうか。

漢字にすればおなじ「零」を使います。



同じ漢字を使いながらも実は意味が違います。
使い方によっては相手に誤解を生む可能性が
あるのでこの機会にきっちりと覚えてください。


0.jpg

れいとぜろの違いについて記載します。


スポンサードリンク









①れい(零)
0~5%を意味し、少しは含まれる状態

②ぜろ(零)
0%を意味し、全く含まれない状態



あなたはこの二つの言葉を使い分けていますか。
これから会話をするときは注意が必要です。

雑学ネタとしては、
天気予報では降水確率ぜろ(零)%と
言わないらしいです。雨が降った場合の
逃げ道としてれい(零)%と言うのです。

逆に天気予報で降水確率ぜろ%と、
予報していたら必ず雨が降りません。

これを意識しながらを天気予報を見ると、
なかなか小さな楽しみができますね。

ちなみに零細企業という言葉も、
れいという意味で成り立っています。
意味は「少しの資本で経営する企業」
つまり、ぜろの状態じゃないので、
れいと読んでいます!
ぜろさい企業と読んでしまうと、
企業として存在していない状態になります






スポンサードリンク








下の記事もネタになりますので、
ご覧ください。


<物知り林先生が驚く知識 箸を横向きで用意するのは日本人だけ>
http://wadaidearunews.blog.so-net.ne.jp/2015-04-12-2#more

<物知り林先生が驚く知識 高度が30000mを超えたら気温が上がる>
http://wadaidearunews.blog.so-net.ne.jp/2015-04-12-1


無題.png



以上


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。